ヤマト運輸は福島県での集荷・配達地域を拡大【震災関連速報】

ヤマト運輸は福島県での集荷・配達地域を拡大【震災関連速報】

ヤマトホールディングスの宅配便子会社、ヤマト運輸は27日、福島県での集荷・配達地域を拡大した。

今回の対象地域拡大の結果、いわき市※、南相馬市※、田村市※、相馬郡※、福島市、郡山市、白河市、須賀川市、二本松市、伊達市、本宮市、相馬市、安達郡、石川郡、岩瀬郡、伊達郡、田村郡、西白河郡、東白川郡、会津若松市、喜多方市、南会津郡、耶麻郡、河沼郡、大沼郡で、戸口まで配送する通常の宅配便サービスが利用できるようになった。

ただし、クール便や時間帯指定便、コンビニエンスストアでの受け付け・受け取りは対象外。

なお、上記の※印の地域は一部に対象外のエリアが残る。いわき市では大久、末続、四倉、小川、川前の各地域、南相馬市では小高、原町、鹿島の一部、田村市では都路町、常葉町黒川、田代、船引町横道、相馬郡では飯館村の一部の配達は依然として復旧していない。

ヤマト運輸では、「通常のお届け日数に加え、2日から7日程度を要する可能性がある」としている。

(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT