ドイツ旅客機が山岳に墜落、150人死亡の全容

搭乗者名簿に日本人男性2人の名前も

3月24日、独ルフトハンザの格安航空部門、ジャーマンウィングスの旅客機が仏南部で墜落し、乗客乗員150人全員が死亡した。写真はデュッセルドルフ空港に駐機するジャーマンウィングス機(2015年 ロイター/ Ralph Orlowski)

[セーヌ(フランス) 24日 ロイター] - 独ルフトハンザの格安航空部門、ジャーマンウィングスの旅客機が24日、フランスアルプスの山岳地帯に墜落し、生徒16人を含む乗客乗員150人全員が死亡した。共同通信などによると、搭乗者名簿に日本人とみられる2人の名前があるという。

同社によると、墜落したのは4U・9525便で、バルセロナからデュッセルドルフに向かっていた。乗客144人、乗員6人が搭乗していた。

フランスのカズヌーブ内相は、機体のブラックボックスレコーダー1個が発見され、直ちに調べると説明した。米国家安全保障会議(NSC)のミーハン報道官は、現時点で「テロ」攻撃を受けた兆候は確認できないとの認識を示した。

同社によると、ドイツ人67人が搭乗していたとみられる。スペインのサンタマリア副首相は、乗客45人がスペイン人の可能性があると指摘した。ベルギー人1人も搭乗していた。

犠牲者には、ドイツ北西部にある高校の生徒16人、教員2人も含まれるとの情報がある。

次ページ機体は山の中でバラバラに
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。