有料会員限定

アメリカで封印される「公的年金改革」の議論 2034年に積立金枯渇、改革は避けられない

✎ 1〜 ✎ 245 ✎ 246 ✎ 247 ✎ 最新
拡大
縮小
ニューメキシコ州の投票所で係員の指示に従って投票をする高齢有権者
ニューメキシコ州の投票所で中間選挙の投票をする高齢有権者。米国でも高齢化が進む(写真:AP/アフロ)

「いったい何様だと思っているんだ!」

中間選挙の選挙戦が大詰めを迎えた11月初旬、バイデン大統領が共和党を厳しい言葉で攻撃する場面があった。矛先を向けられたのは、公的年金を中心とした社会保障制度に関する共和党の方針だ。

バイデン氏に限らない。苦戦を伝えられていた民主党は、終盤に入って「共和党は公的年金やメディケア(高齢者向け公的医療保険)を終わらせようとしている」との論陣に軸足を移した。

中間選挙が終わっても、バイデン氏の厳しい姿勢は変わらない。投票日の翌日に行われた記者会見でも、「(共和党の)よい提案は受け入れる」と述べつつ、公的年金の改革については、「何があっても支持しない」と切り捨てた。

次ページ34年には底を突くとみられている財源
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内