【産業天気図・証券業】外債、投信等の上向き見込む。ネット専業との戦線も拡大

証券業の2004年度の空模様は『曇り』。株式相場が夏場以降に膠着感を強めたことで、第2四半期以降の各社の業績は急減速。外債販売が前期並みの高水準を見込めないこともあって、減益決算となる会社が増えそうだ。
 ただ、05年度に目を転じると、先行きには薄明かりも見え、『晴れ時々曇り』に改善しそうだ。株式市場がボックス相場を抜け出す動きを模索するうえ、足元では外債や投信販売も上向きに転じてきた。ペイオフ解禁となる4月以降も、銀行の低金利を避ける資金の流れが定着すれば、各社の業績は想定以上に持ち直す公算もある。
 最大手の野村ホールディングスはタンス株券の特定口座への入庫で、顧客基盤をさらに拡大させた。豊富な品ぞろえを武器に05年度は投信などの販売が拡大する見通しだ。業界2位の大和証券グループ本社は三井住友銀行とのさらなる連携強化が焦点。大法人専業部門が引き続き業績を牽引すると見込まれる。
 一方では、インターネット取引の浸透を追い風に、ネット専業証券の勢力伸長が止まらない。05年度は中国株や外債販売など対面証券との戦線がさらに拡大する見込みだ。
【水落隆博記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。