有料会員限定

成長鈍化のGAFAM、米中間選挙で問われる次の一手 偏向情報やステマ監視の新機能を続々と発表

✎ 1〜 ✎ 234 ✎ 235 ✎ 236 ✎ 最新
拡大
縮小
グーグルロゴのオブジェ看板
11月に米中間選挙を控え、GAFAMへの批判的風潮は強まっている(写真:AFP/アフロ)

米国の巨大テクノロジー企業群、GAFAMのビジネスモデルに陰りが見え始めている。

グーグルの親会社であるアルファベット、アマゾン、メタ(旧フェイスブック)、マイクロソフトの4社が7月末に発表した四半期決算はいずれも低調だった。アルファベットの4~6月期決算は、最終利益が前年同期比14%減の160億200万ドルで、2四半期連続の減益。メタの純利益は同35.7%減の66億9000万ドルとなった。

わかりやすいのはグーグルの苦境だろう。同社のビジネスの根幹には検索エンジンがあるが、Z世代以下の若者の間でその地位は、すでにSNSに取って代わられつつある。彼らは、今やインスタグラムやティックトックで情報を収集するのが主流になっているからだ。その流れに伴い、グーグルの主力事業であるインターネット広告の成長は鈍化している。

次ページ逆境を今後どのように乗り越えるか
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内