帝人は宇都宮のフィルム工場を操業停止【震災関連速報】

帝人は宇都宮のフィルム工場を操業停止【震災関連速報】

帝人は東日本巨大地震の影響で、国内3カ所のフィルム工場のうち、宇都宮事業所(栃木県宇都宮市清原工業団地)の操業を停止したことを明らかにした。製造ラインに損傷がみつかったことから、地震発生日の11日に停止した。

その他の事業所については、地震による損壊等はない。東京電力の輪番停電に対応し一時停止等を行っている状況だ。また呼吸器関連の治療器等の在宅医療機器の分野では、利用者の安否確認を進めるとともに、新たな治療機材投入なども検討している。

液晶ディスプレイ用材料等を製造するフィルム事業は、同じ化成品分野の樹脂事業と合わせて、営業利益の4割程度を占める収益源。宇都宮事業所の操業再開のメドは立っていない。

(鈴木良英 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。