帝人は宇都宮のフィルム工場を操業停止【震災関連速報】

帝人は宇都宮のフィルム工場を操業停止【震災関連速報】

帝人は東日本巨大地震の影響で、国内3カ所のフィルム工場のうち、宇都宮事業所(栃木県宇都宮市清原工業団地)の操業を停止したことを明らかにした。製造ラインに損傷がみつかったことから、地震発生日の11日に停止した。

その他の事業所については、地震による損壊等はない。東京電力の輪番停電に対応し一時停止等を行っている状況だ。また呼吸器関連の治療器等の在宅医療機器の分野では、利用者の安否確認を進めるとともに、新たな治療機材投入なども検討している。

液晶ディスプレイ用材料等を製造するフィルム事業は、同じ化成品分野の樹脂事業と合わせて、営業利益の4割程度を占める収益源。宇都宮事業所の操業再開のメドは立っていない。

(鈴木良英 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。