ヤマト運輸が荷受けを一部で再開【震災関連速報】

ヤマト運輸が荷受けを一部で再開【震災関連速報】

ヤマトHDの宅配子会社、ヤマト運輸が、東北関東巨大地震の影響で停止していた荷受けを一時再開した。

再開したのは北海道全域や茨城県の一部地域における宅急便、メール便の集荷・配達。一部地域とは、つくば市、つくばみらい市、牛久市、竜ヶ崎市、土浦市、取手市、北相馬郡、坂東市、常総市、下妻市、結城郡八千代町、結城市、筑西市、守谷市、古河市、猿島群の各地域。

北海道については全域で荷受けを開始するものの、輸送ルートが不安定なことから、配達に1週間~10日間ほどかかる可能性がある。北海道以外でも「大幅な遅延の可能性がある」としている。

一方で、東北6県の全域と、上記以外の茨城県の各地域を発着地とする宅急便、メール便の荷受け停止は続ける。

《東洋経済・最新業績予想》

 (百万円)    売 上  営業利益   経常利益  当期利益

連本2010.03    1,200,834     61,388     63,313     32,282

連本2011.03予   1,232,000     65,000     67,000     34,500

連本2012.03予   1,266,000     67,000     69,000     35,500

連中2010.09      597,857     20,222     21,377     10,499

連中2011.09予     610,000     21,200     22,200     11,000

-----------------------------------------------------------

          1株益¥    1株配¥

連本2010.03         71.8         22 

連本2011.03予        76.0         22 

連本2012.03予        78.2         22 

連中2010.09         23.1         11 

連中2011.09予        24.2         11 

人気記事
トピックボードAD
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。