ヤマト運輸が荷受けを一部で再開【震災関連速報】

ヤマト運輸が荷受けを一部で再開【震災関連速報】

ヤマトHDの宅配子会社、ヤマト運輸が、東北関東巨大地震の影響で停止していた荷受けを一時再開した。

再開したのは北海道全域や茨城県の一部地域における宅急便、メール便の集荷・配達。一部地域とは、つくば市、つくばみらい市、牛久市、竜ヶ崎市、土浦市、取手市、北相馬郡、坂東市、常総市、下妻市、結城郡八千代町、結城市、筑西市、守谷市、古河市、猿島群の各地域。

北海道については全域で荷受けを開始するものの、輸送ルートが不安定なことから、配達に1週間~10日間ほどかかる可能性がある。北海道以外でも「大幅な遅延の可能性がある」としている。

一方で、東北6県の全域と、上記以外の茨城県の各地域を発着地とする宅急便、メール便の荷受け停止は続ける。

《東洋経済・最新業績予想》

 (百万円)    売 上  営業利益   経常利益  当期利益

連本2010.03    1,200,834     61,388     63,313     32,282

連本2011.03予   1,232,000     65,000     67,000     34,500

連本2012.03予   1,266,000     67,000     69,000     35,500

連中2010.09      597,857     20,222     21,377     10,499

連中2011.09予     610,000     21,200     22,200     11,000

-----------------------------------------------------------

          1株益¥    1株配¥

連本2010.03         71.8         22 

連本2011.03予        76.0         22 

連本2012.03予        78.2         22 

連中2010.09         23.1         11 

連中2011.09予        24.2         11 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT