ホンダ、「グレードやタイプを2割削減する」

山本芳春専務執行役員が言明

 2月4日、ホンダは四輪のグレードやタイプを2割削減する方針を明らかにした。写真は同社のロゴ、2015年1月撮影(2015年 ロイター/ Yuya Shino )

[旭川市 14日 ロイター] - ホンダ<7267.T>は四輪車の品質を確保するため、同一車種で展開している仕様(グレードやタイプ)を現状から全体で2割程度減らす方針。山本芳春専務執行役員が14日までに明らかにした。

主力小型車「フィット」などでリコール(回収・無償修理)が相次いだ背景の1つに、「開発現場での仕事量の多さ」(山本専務)があると判断。現場での負担を減らすことで品質向上につなげる狙い。

四輪車販売では各市場での需要に応じて1つの車種で複数の仕様を設定するのが一般的だが、商品構成の多様化が長時間労働や非効率化につながり、開発の現場に負荷をかけている可能性があるという。

山本専務は、タイプやグレードなどの多さによって「結局、ホンダらしさがどんどん薄れ、現場も大変になり、効率も悪くなる。それなら、もう少し1台1台を作り込んだほうがいいのではないか」と述べ、「いきなりは減らせないが、開発量を現状から徐々に減らそうという動きになっている」と語った。

(白木真紀)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。