ホンダ、「グレードやタイプを2割削減する」

山本芳春専務執行役員が言明

 2月4日、ホンダは四輪のグレードやタイプを2割削減する方針を明らかにした。写真は同社のロゴ、2015年1月撮影(2015年 ロイター/ Yuya Shino )

[旭川市 14日 ロイター] - ホンダ<7267.T>は四輪車の品質を確保するため、同一車種で展開している仕様(グレードやタイプ)を現状から全体で2割程度減らす方針。山本芳春専務執行役員が14日までに明らかにした。

主力小型車「フィット」などでリコール(回収・無償修理)が相次いだ背景の1つに、「開発現場での仕事量の多さ」(山本専務)があると判断。現場での負担を減らすことで品質向上につなげる狙い。

四輪車販売では各市場での需要に応じて1つの車種で複数の仕様を設定するのが一般的だが、商品構成の多様化が長時間労働や非効率化につながり、開発の現場に負荷をかけている可能性があるという。

山本専務は、タイプやグレードなどの多さによって「結局、ホンダらしさがどんどん薄れ、現場も大変になり、効率も悪くなる。それなら、もう少し1台1台を作り込んだほうがいいのではないか」と述べ、「いきなりは減らせないが、開発量を現状から徐々に減らそうという動きになっている」と語った。

(白木真紀)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT