日本人と不動産 なぜ土地に執着するのか 吉村愼治 著

日本人と不動産 なぜ土地に執着するのか 吉村愼治 著

地価が下落に転じ、土地神話が崩壊して20年を経てもなお、そのうち反転するという期待がある。それが1990年代半ばから10年以上にわたるマンションブームを支えている。公定歩合をゼロ近辺にしても資金需要が不足する資本過剰の下で、持ち家優遇政策が一気に拡大。その柱の大型住宅ローン減税は、現在でも最高で月4万円以上に相当する税額控除(=還付)を10年にわたって受けられる。

この政策下で持ち家と借家、どちらが得か。月々のローン返済額が家賃以下というだけでは、すなわち「持ち家が得」とはならない。損得勘定に入れるべき要素は今や多く、判定は一筋縄にはいかない。

土地選好の歴史を振り返りつつ、政策のあり方も問う。

平凡社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。