日本人と不動産 なぜ土地に執着するのか 吉村愼治 著

日本人と不動産 なぜ土地に執着するのか 吉村愼治 著

地価が下落に転じ、土地神話が崩壊して20年を経てもなお、そのうち反転するという期待がある。それが1990年代半ばから10年以上にわたるマンションブームを支えている。公定歩合をゼロ近辺にしても資金需要が不足する資本過剰の下で、持ち家優遇政策が一気に拡大。その柱の大型住宅ローン減税は、現在でも最高で月4万円以上に相当する税額控除(=還付)を10年にわたって受けられる。

この政策下で持ち家と借家、どちらが得か。月々のローン返済額が家賃以下というだけでは、すなわち「持ち家が得」とはならない。損得勘定に入れるべき要素は今や多く、判定は一筋縄にはいかない。

土地選好の歴史を振り返りつつ、政策のあり方も問う。

平凡社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。