日本人と不動産 なぜ土地に執着するのか 吉村愼治 著

日本人と不動産 なぜ土地に執着するのか 吉村愼治 著

地価が下落に転じ、土地神話が崩壊して20年を経てもなお、そのうち反転するという期待がある。それが1990年代半ばから10年以上にわたるマンションブームを支えている。公定歩合をゼロ近辺にしても資金需要が不足する資本過剰の下で、持ち家優遇政策が一気に拡大。その柱の大型住宅ローン減税は、現在でも最高で月4万円以上に相当する税額控除(=還付)を10年にわたって受けられる。

この政策下で持ち家と借家、どちらが得か。月々のローン返済額が家賃以下というだけでは、すなわち「持ち家が得」とはならない。損得勘定に入れるべき要素は今や多く、判定は一筋縄にはいかない。

土地選好の歴史を振り返りつつ、政策のあり方も問う。

平凡社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT