なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか 牧野知弘著

なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか 牧野知弘著

タイトルに対する答えは、不動産の持つ本当の価値を知り尽くしているからだと、不動産コンサルタントである著者は答える。それは決して、不動産ファンドがやっているような「短期的でギャンブル的な商売」ではない。

不動産の真の価値は、建物ではなく、あくまでも土地にある。その利用法は千差万別。マンション、商業ビル、駐車場など、知恵と工夫次第で、どんな土地でも人が集まる場所に変えることができる。いかに付加価値を高めることができるか。町の不動産屋はそこをよく理解しているのだ。

業界のカラクリと同時に、大家業やREIT(不動産投資信託)など、一般の人でも扱うことのできる不動産投資の仕方を紹介する。

祥伝社新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。