財界の正体 川北隆雄著

財界の正体 川北隆雄著

日本最大の圧力団体、パワーエリートとして政治に絶大な影響力を持つ財界を、経済ジャーナリストである著者は、「経済界の利益を政治的アリーナで実現しようとする集団」と定義。「財界総本山」とも呼ばれる日本経団連を中心に、どのように政治とかかわり、日本をどう動かしてきたのかを解明している。

財界の保守本流だった旧経団連は戦後、政権政党だった自民党に対して「政治献金」という名の斡旋を行い、自分たちに有利な政策の実現を目指してきた。ところが、政治献金を自粛する民主党へと政権が交代した今、その存在も微妙に変わりつつある。

財界が日本経済にとって本当に必要なのかまで、大胆に論じる。

講談社現代新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT