財界の正体 川北隆雄著

財界の正体 川北隆雄著

日本最大の圧力団体、パワーエリートとして政治に絶大な影響力を持つ財界を、経済ジャーナリストである著者は、「経済界の利益を政治的アリーナで実現しようとする集団」と定義。「財界総本山」とも呼ばれる日本経団連を中心に、どのように政治とかかわり、日本をどう動かしてきたのかを解明している。

財界の保守本流だった旧経団連は戦後、政権政党だった自民党に対して「政治献金」という名の斡旋を行い、自分たちに有利な政策の実現を目指してきた。ところが、政治献金を自粛する民主党へと政権が交代した今、その存在も微妙に変わりつつある。

財界が日本経済にとって本当に必要なのかまで、大胆に論じる。

講談社現代新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。