グーグルが「自社製ハード」を一挙拡大する思惑 アップルの背中を追うが、展開国はまだ限定的

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小

検索やマップなど、AIを活用したソフトウェアの巨人として名を馳せてきたグーグル。なぜ今ハードウェア開発に入れ込むのか。

2022年5月に開催されたグーグルの年次開発者会議「I/O」では自社開発ハードウェアの新製品を一挙に発表した(写真:Google)

特集「グーグルの未来地図」の他の記事を読む

スマートフォン、ワイヤレスイヤホン、スマートウォッチ、そしてタブレット――。アメリカのIT大手グーグルが自社開発スマホ「Pixel(ピクセル)」を発売してから約6年が経った今、ハードウェア製品のラインナップを急速に広げている。

グーグルは5月11日に開催した年次開発者会議「I/O(アイ・オー)」で、ハードウェア4製品を一挙に発表した。

2021年に発売したスマホ「Pixel(ピクセル)6」の廉価版「Pixel(ピクセル) 6a」と、高価格帯のワイヤレスイヤホン「Pixel Buds Pro(ピクセル・バッズ・プロ)」を7月28日に発売する。

スマートウォッチ関連で次々買収

グーグルは2022年秋に初の自社製スマートウォッチ「Pixel Watch」を発売する(写真:Google)

注目を集めたのは、ここ数年発売がうわさされていたスマートウォッチ「Pixel Watch(ピクセルウォッチ)」がお披露目されたことだ。価格や詳細のスペックは明かしていないが、2022年秋に発売する予定だ。

グーグルはこれまでスマートウォッチ用OS(基本ソフト)の「Wear(ウェア)OS」を展開してきたが、自社開発の製品はなかった。ただ2019年1月に大手時計メーカーのフォッシルグループからスマートウォッチ技術に関する知的財産を約40億円で買収。フォッシルの研究開発チームがグーグルに移籍した。

次ページグーグルCEOが語るビジョン
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内