ユーロ連鎖不況 中空麻奈著

ユーロ連鎖不況 中空麻奈著

欧州でのソブリン危機は、ポルトガルとスペインへ飛び火する可能性が高い。世界一の累積債務を抱える日本は本当に大丈夫なのか。

国債のほとんどを国内で保有している日本は、ギリシャなどと違い破綻しないという説があるが、著者はそうした楽観論を一蹴する。このまま歳入不足分を国債で補い続けているかぎり、10年も経たないうちに、日本の行く道は香港型、北欧型、IMF監視下入りの、三つのいずれかになる。

ギリシャの財政破綻をシミュレーションしながら、日本国債の価値低下が私たちの生活にどう影響するのかを検証。最悪のシナリオを回避するための財政再建の道程と政治的課題を、クレジットアナリストが考察する。

PHP新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT