自然死への道 米沢慧著

自然死への道 米沢慧著

病院で生まれ病院で死ぬことが当たり前となった現代。生命科学と医療技術のさらなる進歩によって、私たちは延命・救命の先に「終末期」という新しいステージを迎えざるをえない。死生観も「いのち」の概念も変わり「自然死」にたどり着くことが困難な現代社会において、いかに「病い」や「老い」と向き合えばいいのか。医療や看護、生命について評論活動を行う著者はそのヒントに「老いる、病(やま)いる、明け渡す」という三つのキーワードを挙げる。

「いのちを全うする」とはどういうことか。吉村昭や緒形拳らの最期に老いを受け入れ、病いをいき、自分を明け渡すという自然死への道をたどりながら、長寿時代の「いのち」と「死」を考える。

朝日新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT