自然死への道 米沢慧著

自然死への道 米沢慧著

病院で生まれ病院で死ぬことが当たり前となった現代。生命科学と医療技術のさらなる進歩によって、私たちは延命・救命の先に「終末期」という新しいステージを迎えざるをえない。死生観も「いのち」の概念も変わり「自然死」にたどり着くことが困難な現代社会において、いかに「病い」や「老い」と向き合えばいいのか。医療や看護、生命について評論活動を行う著者はそのヒントに「老いる、病(やま)いる、明け渡す」という三つのキーワードを挙げる。

「いのちを全うする」とはどういうことか。吉村昭や緒形拳らの最期に老いを受け入れ、病いをいき、自分を明け渡すという自然死への道をたどりながら、長寿時代の「いのち」と「死」を考える。

朝日新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。