ヒトの進化 七〇〇万年史 河合信和著

ヒトの進化 七〇〇万年史 河合信和著

科学ジャーナリストである著者は、人類全体の歴史を300片のジグソーパズルにたとえ、現在はそのうち30片ほどしかわかっていない状況だという。今後、予想されてこなかった発見が相次げば、進化人類学の歴史は次々に塗り替えられていく可能性があり、それはダーウィンの「進化論」とて例外ではないとされている。

今世紀に入って10年でも、インドネシアの島で新種人類ホモ・フロレンシエンシスが発見され、新種である可能性が高い人類がシベリアでも発見されたという報告もある。

最新の学説や調査状況をリポートしながら人類700万年史をひもとく。相次ぐ発見をもたらした科学技術の進歩も興味深い。

ちくま新書 903円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。