ヒトの進化 七〇〇万年史 河合信和著

ヒトの進化 七〇〇万年史 河合信和著

科学ジャーナリストである著者は、人類全体の歴史を300片のジグソーパズルにたとえ、現在はそのうち30片ほどしかわかっていない状況だという。今後、予想されてこなかった発見が相次げば、進化人類学の歴史は次々に塗り替えられていく可能性があり、それはダーウィンの「進化論」とて例外ではないとされている。

今世紀に入って10年でも、インドネシアの島で新種人類ホモ・フロレンシエンシスが発見され、新種である可能性が高い人類がシベリアでも発見されたという報告もある。

最新の学説や調査状況をリポートしながら人類700万年史をひもとく。相次ぐ発見をもたらした科学技術の進歩も興味深い。

ちくま新書 903円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。