ソニー・新PSPの勝算、スマートフォンは敵か味方か 


 ただ、ゲーム操作に不向きな端末も存在する。当面はプレステ独自の基準を用意し、最適に動作する端末にはロゴを掲載するなど“お墨付き”であることを保証していく。

岡三証券の森田正司アナリストは「NGPがヒットするかは価格とソフト次第。PSSもソニー・エリクソン以外の端末でどこまで導入が進むか未知数」と指摘する。ソフトメーカーは、独自にスマートフォン向けゲームを展開している。PSS専用コンテンツの開発も検討するというが、ユーザー数との見合いで判断することになりそうだ。

NGPの発売は年末。価格は未定だが、超高性能なため、高くなる可能性がある。競合ひしめく中、SCEの手腕が試される。

◆ソニーの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(前田佳子 撮影:大塚一仁 =週刊東洋経済2011年2月11日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT