世界一やさしい「思考法」の本 長沢朋哉著

世界一やさしい「思考法」の本 長沢朋哉著

菓子メーカーの若手社員、優人と京子を主人公にして、二人の心の触れ合いと成長のストーリーの中で、新開発された「抗疲労チョコ」のマーケティング戦略作りを通じ、ビジネスに不可欠の「思考法=考えるコツ」を学ぶ。

織り込まれた思考法は、戦略思考、ロジカルシンキング、クリティカルシンキング、システム思考、水平思考、分析的思考、直感的思考など盛りだくさん。それぞれに大部の専門書があるが、それを、たとえば「ロジカルシンキング=『要するに+なぜなら』を考えること」と、シンプルにエッセンスを定義して、実用性高く物語の中に織り込んでいる。

ドラッカーブームでマネジメントに関するこの種のビジネス書が隆盛だが、それをいわば「思考法」に応用したもの。エンターテインメントを楽しみながら、ビジネス・スキル・アップを狙う実用書といえるが、その小説仕立てのストーリーの完成度は高い。

PHP研究所 1470円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。