世界一やさしい「思考法」の本 長沢朋哉著

世界一やさしい「思考法」の本 長沢朋哉著

菓子メーカーの若手社員、優人と京子を主人公にして、二人の心の触れ合いと成長のストーリーの中で、新開発された「抗疲労チョコ」のマーケティング戦略作りを通じ、ビジネスに不可欠の「思考法=考えるコツ」を学ぶ。

織り込まれた思考法は、戦略思考、ロジカルシンキング、クリティカルシンキング、システム思考、水平思考、分析的思考、直感的思考など盛りだくさん。それぞれに大部の専門書があるが、それを、たとえば「ロジカルシンキング=『要するに+なぜなら』を考えること」と、シンプルにエッセンスを定義して、実用性高く物語の中に織り込んでいる。

ドラッカーブームでマネジメントに関するこの種のビジネス書が隆盛だが、それをいわば「思考法」に応用したもの。エンターテインメントを楽しみながら、ビジネス・スキル・アップを狙う実用書といえるが、その小説仕立てのストーリーの完成度は高い。

PHP研究所 1470円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT