有料会員限定

中国への制裁で世界経済は本当に破滅するのか 学術研究によって示された「意外な答え」の中身

印刷
A
A
(写真:2022 Bloomberg Finance LP)

対ロシア制裁が世界経済に及ぼす副作用が明らかになりつつある。では、西側が中国と貿易・金融面で断絶状態となった場合、私たちは似たような影響を目にすることになるのだろうか。その可能性はなくはない。ただグローバル化に関する学術研究の多くが示唆するところでは、中国が制裁対象になるとか、米中が経済的に決裂した場合の定量的なインパクトは、少なくとも中長期的には、おそらく一般の想定を下回る。

これは米中双方に当てはまるシナリオだ。米中の経済はロシアと違って巨大だし、多角化している。よって、中国と経済的に断交することになったとしても、米欧は一般に考えられているような打撃は受けないかもしれない。同様に対中制裁の効果も、現在の対ロシア制裁とは比べものにならないほど小さなものとなる可能性がある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内