有料会員限定

中国経済の転機と経済失政 一党独裁の正統性が揺らぐ?

印刷
A
A

中国が理解に苦しむ動きを見せるようになって久しい。とりわけ理解しがたいのは、中国経済が直面する大問題の中には、指導部が自ら招き寄せたと見えるものが少なくないことだ。

私が初めて中国を訪れたのは1990年。天安門事件の翌年で、季節は冬だったにもかかわらず、北京では自転車をこぐ何千という人々を目にしたのを覚えている。

滞在は短かったが、それでも万里の長城の八達嶺長城を見学することができた。そこまでの道路は今のようには整備されておらず、そうした道路沿いに立つ近代的なビルを見て、なぜこんなにもビルが多いのか、と疑問に思ったものだ。多くのアナリストがそうだったように、私も不動産市場の崩壊が近いという感覚を抱いた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内