有料会員限定

中央銀行が面目を失う理由 世情とずれるインフレ感覚

印刷
A
A

中央銀行総裁は言葉の達人である必要はない。しかしインフレターゲット政策が期待の管理を通じてなされるものである以上、コミュニケーションは重要だ。そして、ここ何カ月かにおける中央銀行のコミュニケーションは残念な結果に終わっている。

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は2021年9月まで、インフレ率の高まりは「一過性」とのメッセージを発信し続けていた。「一過性」という言葉は欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁によっても使われるようになり、11月になってもなお、西側各国で広く用いられていた。

ところが12月に入り、米国の消費者物価指数の上昇率が7%に達する頃には、「一過性」は廃れるようになっていた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内