有料会員限定

これは下落相場の始まりか 株式市場に不吉な前兆

印刷
A
A

2022年の経済について論じた1月8日号の本欄で筆者は、不確定要素が今ほど多く存在したタイミングは思い出せない、と書いた。その中心にあるのはインフレだが、金融市場は早速、筆者と同じ懸念を抱き始めたように見える。市場が直面する問題は、気がめいるほどに鮮明さの度合いを増してきている。

金融市場の足元の動きを理解するには、「年初5日間」のジンクスが参考になる。米国株の主要指標が年初の5営業日で上昇すれば、その年の株価は総じて好調に推移するという経験則だ。1950年代以降の株価を見る限り、この法則は85%の確率で当てはまる。さらに年初5営業日で株価が下落した場合は、年間の株価も50%の確率で下落している。

今年、米S&P500種株価指数は年初の5営業日で値を下げた。米株式市場が21年に力強く上昇したこと、各種指標が幾分割高な水準に押し上げられていたことを考えると、今年の株価には年初5日間の法則が当てはまるというのが筆者の感覚だ(そうなるといえる理論的な根拠はないが)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内