闘う!ウイルス・バスターズ 最先端医学からの挑戦 河岡義裕、渡辺登喜子著

闘う!ウイルス・バスターズ 最先端医学からの挑戦 河岡義裕、渡辺登喜子著

一昨年春にメキシコから全世界に広がり今世紀初のパンデミックを引き起こした豚由来の新型インフルエンザ。いち早く原因ウイルスを入手した著者たちは、その正体を知るべくさまざまな実験に取り組み、1カ月という短期間で論文を発表する。

1980年代に始まったHIVの流行以来、SARS、ノロウイルス感染症、口蹄疫、鳥インフルエンザ……。次々に現れては世界を混乱に陥れるウイルスと闘う、世界の最前線の研究者たちの動向を日本のトップ研究者が語る。

ウイルスを研究する面白さやその制圧の難しさをわかりやすく解説。一方でテロ発生の危険がなくならない中、国際政治と無縁でいられないシビアな側面にも触れる。

朝日新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。