民主党政権の真実 塩田潮著

民主党政権の真実 塩田潮著

民主党迷走が鳩山・菅・小沢トロイカ体制の所産なのは疑問の余地がない。結党以来4年の「友好」期間を経て不倶戴天の様相を呈している現状には各人なりの事情があるにせよ、菅直人氏の性格と思考法に最大の理由があるらしい(と行間からは読み取れる)。さきがけ以前から20年以上も3氏への取材を重ねてきた著者ならではの、分厚い情報に裏打ちされた実態分析は読み応え十分だ。

小沢一郎氏の「目標」にもたっぷり言及がなされ、鳩山由紀夫氏も登場回数こそ多いものの、やはり菅氏に関してが最も興味を引く。前著『民主党政権の研究』を受け、今回は主役の感が強い菅氏の、特にエイズ訴訟で虚像が膨らんだ厚生相時代など検証の価値は大きい。数々のエピソードからそれぞれの人物像が浮かび上がるが、結局は同床異夢だった感が強い。支持率の乱高下などに国民自身が振り回されないためにも民主党政治の道筋を見つめ直すには格好の書。(純)

毎日新聞社 1680円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。