認定かかりつけ医制度に国民の支持は集まるか 心身の健康問題や疾病を一元的・継続的にケア

印刷
A
A

2022年度診療報酬改定で、国民が効果を理解しやすい「リフィル処方箋」が導入された。安定した症状の患者が一定期間、処方箋を反復利用できる。これまで薬をもらうためだけに医療機関に行っていた人には朗報だ。

「わかりやすい改革」は、今後の医療政策でもカギを握りそうだ。政府は約10年間、医療提供体制改革に苦闘してきた。急性期に偏った現在の病床体制が続けば、超高齢化社会で必要となる「慢性疾患を治し支える」ための医療資源は逼迫する。急性期病床を削減し、各地域で介護や在宅医療と連携する病床体制に移行するのが狙いだ。

過半を占める民間病院には政府は強制できず、調整に想定以上の時間がかかっているが、「日常的な医療がどう改善されるかについて国民にアピールできなかったことも反省点」と財務省担当者は語る。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内