欧州に降りかかる「難民危機」の試練 長期化で懸念される経済的負担

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4
拡大
縮小
8日、ウクライナ国境を越え、ポーランドのメディカにたどり着いた母子(AFP=時事)

特集「緊急リポート ウクライナショック」の他の記事を読む

ウクライナと国境を接する欧州諸国は、第2次世界大戦後で最大規模の難民流入に見舞われる可能性がある。

3月6日時点で女性や子どもを中心に170万人を超えるウクライナ市民が隣国に避難した。約100万人がポーランドに、残りの多くはハンガリー、スロバキア、ルーマニアといった近隣のEU(欧州連合)加盟国に、一部がモルドバやロシアなど非EU加盟国に逃れている。

ロシアがウクライナ領土の多くを掌握する場合、4000万人前後のウクライナの総人口のうち、400万人以上が国外逃避を余儀なくされるおそれがあると国際連合は警告している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内