有料会員限定

失敗し始めた社会主義国・日本 先進国の中では相対的に収入が低く貧しい国に

印刷
A
A
ささき・とおる 2015年6月から現職。03年4月からJPモルガン・チェース銀行でFXストラテジストとして金融市場を調査・分析。その前は日本銀行に勤務、調査統計局などを経て、国際局(当時)為替課で為替市場介入を担当、ニューヨークで米国金融市場分析も担当した。(撮影:今 祥雄)

かつて、「日本は世界で最も成功した社会主義国」といわれた。それはある時点まで本当だったのだろう。そして、こうした歴史的経緯のためか、日本は為替も国債も株式も市場に当局が深く介入する、官製相場の色合いが濃い。

しかし、過去20~30年、先進国の中で日本だけ成長率や物価上昇率が圧倒的に低く、過去10年程度で見ると、先進国の中では相対的に収入が低く、貧しい国になってきている。成功していたはずの日本の社会主義政策は失敗し始めている。原因はさまざまだろうが、官製相場もその1つだろう。

日本の当局は市場が急変動すると往々にして短期的かつ投機的取引のせいにして、当局の介入を正当化する。だが、市場は実体経済を映す鏡でしかない。実体経済が歪み始めるとそれに応じて投機的な取引が発生し、市場は大きく変動するのだ。投機的な取引は、その歪みを反映した実需の動きが後についてこなければ失敗に終わり、取引を手仕舞うだけだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内