検証!夢の全固体電池の実力 トヨタが衝撃の発表「EV搭載にはかなり課題あり」

印刷
A
A

EVの性能を飛躍的に上げると期待されるが、開発は遅れている。

開発中の全固体リチウムイオン電池(左が圧粉型、右2つが塗工型)(写真:NEDO)

特集「電池世界争奪戦」の他の記事を読む

EV(電気自動車)の競争力を飛躍的に高める“夢の電池”──。そう期待されてきた次世代電池の筆頭格が、全固体のリチウムイオン電池だ。

全固体電池とは、電池の正極と負極の間にあり、リチウムイオンが移動して電気を流す「電解質」に、現在使われている液体ではなく固体の材料を用いたものだ。

これが実用化されれば、航続距離や電池の寿命を延ばし、充電時間を短縮し、電池を燃えにくくするなどの利点がある。EVの抱える課題の解決につながるとあって、開発競争はここ数年激しさを増してきた。電池メーカーや自動車メーカーに加え、素材メーカーやスタートアップ企業も相次ぎ参入している。関連特許の出願数などで先頭集団を引っ張るのは、日本のトヨタ自動車だ。

EVへの搭載に重大課題

が、そのトヨタから衝撃的な発表があった。

「現時点では、全固体電池をハイブリッド車(HV)に活用することが性能的にはいちばん近道だ」。

今年9月に同社が開催した電池戦略の説明会。登壇した前田昌彦チーフ・テクノロジー・オフィサー(CTO)は、トヨタが2020年代前半の実用化を目指す全固体電池を、EVではなくまずHV向けに投入する方針を明らかにした。全固体電池はイオンの動きが速く、充電・放電が速いことから、HV向けの電池として適しているというのが理由だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内