スバル、2022年投入のEV「ソルテラ」が持つ重大使命 エンジンがなくなっても独自性を維持できるか

印刷
A
A

電動化の波が押し寄せる自動車業界。独自のエンジン技術に定評があるスバルは、どう生き残りを図るのか。

スバルが2022年半ばまでに発売を予定する電気自動車「ソルテラ」。トヨタと共同開発するSUVタイプの車で、その全貌はまだ公開されていない(写真:SUBARU)

特集「スバルの正念場」の他の記事を読む

「ソルテラの販売は苦戦するかもしれない」――。9月中旬、首都圏のあるスバル販売店を訪れた際、店長はこんな不安を口にした。

現在、スバルのラインナップに「ソルテラ」という車種は存在しない。この車は2022年半ばにスバルが発売を予定している同社初の量産EV(電気自動車)のこと。トヨタ自動車と共同で開発するSUV(スポーツ用多目的車)タイプのEVだ。

各メーカーがEVシフトを鮮明に

100年に1度といわれる大変革期を迎えている自動車業界。中でも、世界的なカーボンニュートラル(温室効果ガスの排出量実質ゼロ)の動きを受け、各国の自動車メーカーがEVシフトを鮮明にしている。

国内では2021年4月、ホンダが2040年までに世界の新車販売でEV・FCV(燃料電池車)を100%にすると発表。アメリカではゼネラル・モーターズが2035年までにすべての新車をEVなど、走行中にCO2を排出しないZEV(ゼロエミッション車)にすると宣言したほか、ドイツのフォルクスワーゲンやダイムラーもEV強化を打ち出している。

スバルは2020年1月に報道関係者を対象に開いた技術説明会の中で、「CO2削減のための技術ロードマップ」を公表した。その中で、2020年代前半にEVを投入することを明らかにしており、今回のソルテラはまさにその計画に沿って出てくる新型車だ。

次ページ“スバルらしさ”とは
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内