無駄な医療費を増やす 「無償化」の思わぬ悪影響 子ども医療費無償化で「健康な子ども」の不要な受診が増える

印刷
A
A

日本では、医療費の自己負担率は原則3割と定められている。しかし、子どもに対しては多くの自治体が助成を行い3割分を負担して、医療費を「タダ」にしている。選挙の際のアピール材料にもなるため、助成競争が際限なく行われてきた。子育て世帯にとってはありがたい政策だろうが、この「子ども医療費無料」は本当によい政策なのだろうか。

伝統的な経済学では、ゼロ価格(=無料)は、単なる価格低下の延長線上にあると考えられてきた。しかし、最近の行動経済学では、物やサービスの値段が、例えば105円から100円になるのと5円から0円になるのとでは、需要に与える影響が大きく異なると指摘されている。つまり、ゼロ価格はほかの価格と本質的に異なるということだ。これを「ゼロ価格効果」と呼ぶ。

なぜゼロ価格効果が重要なのだろうか。それは、もし医療サービスにゼロ価格効果が存在するならば、政府は無料と無料以外を戦略的に使い分けることで、社会厚生を向上させられるからだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内