有料会員限定

70年代不況との不穏な共通点 アフガン撤退と高インフレ

✎ 1〜 ✎ 616 ✎ 617 ✎ 618 ✎ 最新
拡大
縮小

米軍のアフガニスタン撤退が大混乱となったことで、2020年代と1970年代の類似性は一段と強まった。「70年代のような高インフレになる」という見方に対し、少し前までなら筆者は明確に異を唱えていただろう。だが今はそこまでの自信はない。

インフレは純粋に政策でコントロールできる問題だと考えるエコノミストは少なくないようだ。中央銀行首脳の多くも、そう信じたがっているに違いない。だが持続的なインフレは、現実には政治経済上の問題から派生することが多く、70年代との共通点が増え続けている状況は気に掛かる。

まず、米国の政治状況だ。国内では民主主義の規範を危険にさらした大統領(20年代はトランプ氏、70年代はニクソン氏)が去り、まともな人間(20年代はバイデン氏、70年代はカーター氏)が政権に就いた。国外では、相手を圧倒する軍事力を持ちながらも、鉄の意志を備えた敵陣(20年代はタリバン、70年代は北ベトナム)に苦杯をなめさせられた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内