中国リスク顕在化でも強気のソフトバンクG 2号ファンドで投資を拡大

印刷
A
A

ビジョン・ファンドで投資を加速。慎重になるどころか強気だ。

ソフトバンク・ビジョン・ファンドは積極的に投資を拡大している

ソフトバンクグループ(SBG)の株価が振るわない。昨年は巨額の自社株買いプログラムが好感され、株価は上昇が続いた。だが、それが終わりに近づくと株価は下落。今年3月に年初来高値をつけてから4割ほど値下がりしている。これは自社株買い終了のほかに、中国の投資先の株価下落リスクが懸念されている面もあるだろう。

2021年度第1四半期(4〜6月期)、AI(人工知能)関連のベンチャーに投資するソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)の投資利益は前年同期比約3%減の2787億円だった。複数の投資先の売却や、中国の配車アプリ大手の滴滴出行が上場したことなどで大きな含み益が出た。一方で韓国のネット通販大手クーパンの株価下落などによる評価損計上が響いた。

中国リスクが決算に顕在化するのはむしろ今後だ。中国政府は目下、大手IT企業への規制と管理を強めている。SBG本体が出資し、保有資産の約4割を占めるアリババグループは4月に独占禁止法違反で巨額の罰金を科された。 

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内