相続の新常識 生前贈与がダメになる

印刷
A
A

高齢化社会に歯止めがかからない。世の中の変化につれ、相続の常識も変わってきた。いざというときに慌てないよう、準備は早めが肝心だ。

相続をめぐる環境が激変している。昨年末の税制改正大綱で「相続税と贈与税の一体化」が打ち出され、年110万円まで非課税だった生前贈与が認められなくなるかもしれないからだ。

2019年に死亡した人の数は約138万人。平均寿命は男性が81.4歳で、女性が87.5歳だった。これを「被相続人」とすると、毎年その数倍に当たる家族が「相続人」として、相続の問題に直面していることになる。

特集「相続の新常識」の他の記事を読む

問題は多岐にわたる。親の財産がどれくらいあるのか。預貯金をすぐ下ろせるのか。税金はいくらかかるのか。相続財産のうち、最も多い34.4%を占めるのが土地だが、遺産分割のやり方など、わからないことだらけだ。

ちなみに相続税の課税割合は全国で8.3%だが、東京都に限ると16.3%と高く、6人に1人が納めた格好。地価の高い東京の場合、課税価格の平均は1億8405万円、税額は3030万円と高額だ。これを相続発生後10カ月以内に納付しなければならない。

本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げた。ぜひ参考にしていただきたい。

週刊東洋経済 2021年7/31号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内