有料会員限定

肉親だからこそお金は譲れない、遺産分割のトラブル解消 Part3 もめる相続、もめない相続

✎ 1〜 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 最新
拡大
縮小

親の介護や実家の売買、贈与の扱いなど、簡単に問題は解決しない。

(CORA / PIXTA)

特集「相続の新常識」の他の記事を読む

親の生前は仲のよかった家族でも、死後に「遺産相続トラブル」を起こすケースは多い。よくあるトラブルの3例を基に相続対策の方法を確認したい。

ケース1|遺言書の有無

田辺光子さん(60代・仮名)は結婚以来、夫の両親と同居してきました。夫は弟と妹の3人兄弟姉妹です。先日90歳の義母が亡くなり遺産相続の話になりました。田辺さんは長男の妻として義父母を献身的に介護してきました。

義理の弟も義理の妹も家を出て自分の家庭を持ち、実家に顔を出すこともなく、介護の負担は田辺さん夫婦に降りかかる状態でした。田辺さんや夫は「自分たちが親の世話をしてきたから、ほかの兄弟姉妹より多くの遺産をもらえるはず」と考えていました。

ところが義母の死後、夫の弟と妹は、「3分の1の法定相続分があるから遺産は3分の1ずつ渡してほしい」と言ってきたのです。

「これまで居住してきた実家の土地・建物くらいは私たちが受け継いでもよいだろう」と田辺さんが提案すると、「家が欲しいなら代償金を払ってほしい。払わないなら家を売って現金で分配すべき」と、弟や妹から言われてしまったのです。そんなことになったら、田辺さん夫婦は、住む家がなくなってしまいます。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内