国軍を擁護?日本ミャンマー協会会長の真意 沈黙するキーマンはいま、何を思う

印刷
A
A

軍事クーデターが起きたミャンマーと日本をつなぐ「キーマン」がいる。郵政相などを務めた日本ミャンマー協会の渡邉秀央会長だ。

2021年1月、ミン・アウン・フライン国軍司令官(中央右)と会談する渡邉秀央会長(中央左)(写真:ミン・アウン・フライン国軍司令官のホームページ)

特集「ミャンマーと日本」の他の記事を読む

軍事クーデターが起きたミャンマーで、1月中旬にミン・アウン・フライン国軍司令官やアウン・サン・スーチー国家顧問と面会した後、クーデターが勃発した2月1日をはさんで現地に滞在した人物がいる。

ミャンマービジネスに関わる日本企業約130社でつくる、日本ミャンマー協会の渡邉秀央会長(86)だ。

渡邉氏は、中曽根内閣で内閣官房副長官、宮澤内閣で郵政相を歴任し、衆議院議員は6期、参議院議員2期を務めた。ミャンマーについては、30年以上にわたって同国政府や国軍と緊密な関係を築いてきた稀有な人物だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内