有料会員限定

2021年版 SDGs企業ランキング 日本を代表する500社(1)

印刷
A
A

90の項目で企業の取り組みを評価した。日本を代表するSDGs推進企業はどこか。

特集「SDGs 日本を代表する500社」の他の記事を読む

2015年9月に国連で採択されたSDGsが広がりを見せている。貧困、ジェンダー、環境、衛生、サプライチェーンなど幅広い17の目標と169のターゲットがあり、多くの企業にとってサステナビリティ(持続可能性)の具体的な目標として、取り組みの指針となっている。

ただし、現在行われている企業のサステナビリティ活動には、都合のいい面ばかりを訴求するだけで本質的でないものもある。いい面のアピールは悪いことではないが、SDGsはそれだけではない。目標12「つくる責任 つかう責任」、目標14「海の豊かさを守ろう」、目標15「陸の豊かさも守ろう」など、義務的な目標も少なくない。SDGsは企業の「新たな成長戦略」ともされるが、実際は宝の山のリストではなく、企業活動を継続するうえで守るべきことの一覧が示されたとみたほうがいいのかもしれない。

マイケル・ポーター氏らが提唱するCSV(共通価値の創造)の登場で、「CSR(企業の社会的責任)は古い」といわれるようになった。「責任」という言葉が後ろ向きのイメージで捉えられているのかもしれない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
SDGs 日本を代表する500社
19業種のトップ10企業は
欧州企業が存在感放つ
ポストコロナのSDGs
基準が乱立、統一の動きも
持続可能性の観点で整理
株主資本主義に代わる「共感」の輪
実践編|「やっているふり」は経営にマイナス
かつては東芝、シャープがトップ
売り手は熱心
GPIFが進める「ESG投資」|GPIF 投資戦略部次長 塩村賢史
SDGs銘柄のパフォーマンス比較
投資編|評価会社のプロはここをチェック
年収1000万企業、100年企業がズラリ
社会性部門トップ|帝人
企業統治部門トップ|SOMPOホールディングス
テーマ別に見るSDGs 5|リスクマネジメント〈 企業統治 〉
テーマ別に見るSDGs 4|社会参加〈社会性〉
人材活用部門トップ|ファンケル
環境部門トップ|J.フロント リテイリング
ニッポンはSDGsをどう達成するのか|ジャーナリスト 国谷裕子
ニッポンはSDGsをどう達成するのか|慶応大学大学院 教授 蟹江憲史
テーマ別に見るSDGs 3|生物多様性〈環境〉
テーマ別に見るSDGs 2|カーボンニュートラル〈環境〉
テーマ別に見るSDGs 1|ダイバーシティ〈人材活用〉
SDGs企業ランキング 総合トップ|オムロン 取締役会長 立石文雄
日本を代表する500社(2)
重視される取り組みはこれだ!
日本を代表する500社(1)
Q&A サステナビリティ専門家に聞く
基礎編|まずはココをしっかりチェック!
これだけはおさえておきたい
SDGs 日本を代表する500社
非財務情報の決定版
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内