有料会員限定

SDGsウォッシュ予防の10原則 実践編|「やっているふり」は経営にマイナス

印刷
A
A

「やっているふり」は社会から批判を浴びる。そうならないための予防法。

自社の存在意義を全社的に共有することが重要だ(imagenavi)

特集「SDGs 日本を代表する500社」の他の記事を読む

ビジネスの領域でSDGsの実現に取り組む動きが加速している。学校など教育の現場でも、新学習指導要領にSDGsの担い手育成が盛り込まれ、SDGsがビジネスと生活の「共通言語」になりつつある。今、SDGsがどんなものかは知らなくても、「その言葉を聞いたことがある」という人は確実に増えている。

サステナブルな社会を目指す潮流の中で、企業としてSDGsの実現に取り組むこと、つまりビジネスで社会課題を解決することは、自分たちのビジネス環境のサステナビリティを実現するためにも、企業規模の大小や業種に関係なく不可欠である。

しかし、企業にとっては、ここで必ず注意しなければならないことがある。それが「SDGsウォッシュ」と呼ばれる行為である。

SDGsウォッシュとは一言でいえば、「SDGsをやっているふり」をすることだ。具体的には①「SDGsに取り組んでいる」とPRしながら、その実績を証明することができない、②過去の取り組みをあたかも「現在進行形」であるかのようにPRする、③SDGsに取り組んでいるとPRしながら実際のビジネスやマネジメントにおいて環境や社会に悪影響を与えている、などである。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
SDGs 日本を代表する500社
19業種のトップ10企業は
欧州企業が存在感放つ
ポストコロナのSDGs
基準が乱立、統一の動きも
持続可能性の観点で整理
株主資本主義に代わる「共感」の輪
実践編|「やっているふり」は経営にマイナス
かつては東芝、シャープがトップ
売り手は熱心
GPIFが進める「ESG投資」|GPIF 投資戦略部次長 塩村賢史
SDGs銘柄のパフォーマンス比較
投資編|評価会社のプロはここをチェック
年収1000万企業、100年企業がズラリ
社会性部門トップ|帝人
企業統治部門トップ|SOMPOホールディングス
テーマ別に見るSDGs 5|リスクマネジメント〈 企業統治 〉
テーマ別に見るSDGs 4|社会参加〈社会性〉
人材活用部門トップ|ファンケル
環境部門トップ|J.フロント リテイリング
ニッポンはSDGsをどう達成するのか|ジャーナリスト 国谷裕子
ニッポンはSDGsをどう達成するのか|慶応大学大学院 教授 蟹江憲史
テーマ別に見るSDGs 3|生物多様性〈環境〉
テーマ別に見るSDGs 2|カーボンニュートラル〈環境〉
テーマ別に見るSDGs 1|ダイバーシティ〈人材活用〉
SDGs企業ランキング 総合トップ|オムロン 取締役会長 立石文雄
日本を代表する500社(2)
重視される取り組みはこれだ!
日本を代表する500社(1)
Q&A サステナビリティ専門家に聞く
基礎編|まずはココをしっかりチェック!
これだけはおさえておきたい
SDGs 日本を代表する500社
非財務情報の決定版
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内