戦後政治史 第三版 石川真澄、山口二郎著

戦後政治史 第三版 石川真澄、山口二郎著

戦後50年の1995年に政治記者によるコンパクト通史として出版され、2004年に政治学者によって加筆された。そして第三版ではその後の6年間を追加して戦後65年を通観している。わずか6年での増補は早すぎる気もしそうだが、その間日本政治は首相の相次ぐ交代、民意による初めての政権交代など、激動を極めたことを考えれば妥当といえよう。

タイトルに「戦後」と付し、第三版でも第2次大戦終了後から書き出しているのは、ここから「本格的な民主政治が始まった」ことによる。巻末に付されている国政選挙の結果データも、「民意の大きな動き、変化が凝縮されている」だけに、本文を補う数字資料として見逃せない。

岩波新書 945円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。