戦後政治史 第三版 石川真澄、山口二郎著

戦後政治史 第三版 石川真澄、山口二郎著

戦後50年の1995年に政治記者によるコンパクト通史として出版され、2004年に政治学者によって加筆された。そして第三版ではその後の6年間を追加して戦後65年を通観している。わずか6年での増補は早すぎる気もしそうだが、その間日本政治は首相の相次ぐ交代、民意による初めての政権交代など、激動を極めたことを考えれば妥当といえよう。

タイトルに「戦後」と付し、第三版でも第2次大戦終了後から書き出しているのは、ここから「本格的な民主政治が始まった」ことによる。巻末に付されている国政選挙の結果データも、「民意の大きな動き、変化が凝縮されている」だけに、本文を補う数字資料として見逃せない。

岩波新書 945円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。