戦後政治史 第三版 石川真澄、山口二郎著

戦後政治史 第三版 石川真澄、山口二郎著

戦後50年の1995年に政治記者によるコンパクト通史として出版され、2004年に政治学者によって加筆された。そして第三版ではその後の6年間を追加して戦後65年を通観している。わずか6年での増補は早すぎる気もしそうだが、その間日本政治は首相の相次ぐ交代、民意による初めての政権交代など、激動を極めたことを考えれば妥当といえよう。

タイトルに「戦後」と付し、第三版でも第2次大戦終了後から書き出しているのは、ここから「本格的な民主政治が始まった」ことによる。巻末に付されている国政選挙の結果データも、「民意の大きな動き、変化が凝縮されている」だけに、本文を補う数字資料として見逃せない。

岩波新書 945円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT