お金の流れが変わった! 大前研一著

お金の流れが変わった! 大前研一著

著者の目には、若者だけでなく日本人全体が「草食系」になったように映る。数年前に欲望の希薄化した若者たちを「ミニマム世代」と命名したが、それが日本人全体に広がっている。円高が進んでいるにもかかわらず、個人資産が海外に出ていかず、ほとんど利息のつかない膨大な円預金を続けているのは異常としかいいようがないという。

世界経済のルールが一変し、4000兆円のホームレスマネー(無国籍マネー)が大挙して新興国へと向かい、繁栄の種子をまく。円がここまで“高評価”されているのは、世界が日本に「来てください」と言っているのに等しい。日本にとってはピンチではなく、むしろチャンスとしなければならないと鼓舞する。

PHP新書 760円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT