元祖IT発信地、渋谷「ビットバレー」再興の理由 リモートワークで「街と企業」の関係は希薄化する?

印刷
A
A

アパレルショップの撤退に再開発の加速。若者文化の発信地から“没落”する渋谷の実像に迫る。

古くからIT・ネット企業の集積地として知られてきた渋谷(撮影:今井康一)

特集「俺たちの「渋谷」は終わったのか?」の他の記事を読む

「100年に1度」といわれる大規模な再開発が進む渋谷。みるみる形を変えていくこの街を”本拠地”とするIT・インターネット企業群も、時代の要請に合わせた変化を模索している。

渋谷に本社を置くミクシィ、サイバーエージェント、ディー・エヌ・エー(DeNA)、GMOインターネットの4社は2018年、企業の垣根を超えてIT産業を盛り上げる取り組みとして「SHIBUYA BIT VALLEY(シブヤ・ビットバレー)プロジェクト」を立ち上げた。

次ページ短命だった初代
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内