なぜ「大人化」を目指す?渋谷・再開発の焦点 新しい商業施設は若者に照準を定めていない

印刷
A
A

アパレルショップの撤退に再開発の加速。若者文化の発信地から“没落”する渋谷の実像に迫る。

2019年12月に建て替わった「東急プラザ渋谷」は、40代以上をターゲットに据える(撮影:今井康一)

特集「俺たちの「渋谷」は終わったのか?」の他の記事を読む

「渋谷の『大人化』がいよいよ現実になってきた」。博報堂の「新しい大人文化研究所」で所長を務めたのち、現在は「人生100年時代 未来ビジョン研究所」を主宰する阪本節郎代表はこう指摘する。阪本代表は大人化の流れを鮮明にした意味で、「2019年はエポックメイキングな年だった」と言う。

2019年11月1日、渋谷駅直結の「渋谷スクランブルスクエア」が開業した。その3週間後の11月22日、建て替えにより一時休業中だった「渋谷PARCO(パルコ)」がグランドオープン。そして12月5日、同じく建て替えが進んでいた「東急プラザ渋谷」もリニューアルを果たした。

次ページ若者だけの街ではない
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内