渋谷を去った「緑の電車」知られざる漂流の歴史 あの待ち合わせの目印が秋田で担う新たな使命

印刷
A
A

アパレルショップの撤退に再開発の加速。若者文化の発信地から“没落”する渋谷の実像に迫る。

渋谷駅のハチ公前広場にあった「青ガエル」=2020年3月(撮影:尾形文繁)

特集「俺たちの「渋谷」は終わったのか?」の他の記事を読む

丸みを帯びたフォルムと大きな窓、緑一色の外観――。いつの間にか姿を消した渋谷のシンボルが、遠く離れた東北の地で息を吹き返した。

渋谷のスクランブル交差点に面するハチ公前広場において、「青ガエル」の愛称で親しまれた鉄道車両の車体が4月8日、秋田県大館市で一般公開の日を迎えた。

青ガエルといえば、渋谷区観光協会がハチ公前広場で観光案内所として活用してきた。渋谷を代表する風景を形作っていたが、2020年に大規模再開発の余波により、移転を余儀なくされる。「渋谷区内での移転の検討もなかったわけでない」(区の担当者)というが、最終的に渋谷区と災害時の相互応援協定を結ぶなどの交流がある秋田県大館市へ移設することになった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内