「忖度なしに意見が言える、風通しのいい会社に」 ラクオリアの監査等委員、柿沼佑一氏に聞く

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5
拡大
縮小
ラクオリア創薬に株主提案を行い、勝利した柿沼佑一弁護士(撮影:尾形文繁)

特集「「株主」の叛乱」の他の記事を読む

ジャスダック上場の創薬ベンチャー・ラクオリア創薬で株主提案が可決された背景には、提案した株主側の周到な戦略もあった。
株主提案を行った著名な個人投資家であり、株主総会で承認されてラクオリアの監査等委員(社外取締役)に就いたのが、埼玉県内の弁護士、柿沼佑一氏だ。
どのような経緯で株主総会で勝利するに至ったのか。また、監査等委員としてどのように新生ラクオリアの発展に関与しようとしているのか。柿沼氏に聞いた(インタビューは4月1日に行った)。

株主は会社側に説明を求めている

――いつ勝利を確信しましたか。

次ページ株主の納得する経営
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内