「アパレル中高年」はなぜ見切りをつけたのか 元社員や元販売員が打ち明ける本音

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5
拡大
縮小

特集「アパレル人材 サバイバル」の他の記事を読む

人員削減に関するニュースが後を絶たないアパレル業界。各社が着手した希望退職には、会社の想定を大幅に上回る数の中高年社員が手を挙げた。

そうした人たちは何を思い、職場を離れる決断をしたのか。アパレル関連企業を50代で退職し、他業界への転身を決めた元社員や元販売員の4人に話を聞いた。(個別取材を基に座談会形式で構成)

Aさん:昨年大手アパレルを希望退職。転職活動中
Bさん:百貨店販売員(契約社員)を昨年退職。今春から医療法人に転職
Cさん:6年前に大手アパレルを希望退職。現在は電機メーカー勤務
Dさん:5年前に老舗アパレルを希望退職。現在は金融業界で働く

転職市場での評価が低い

――アパレル企業をなぜ退職したのですか。

A 新卒からアパレルで勤めてきたが、商品が売れず値引きが年中行われる状況を見て、「業界全体が構造的に限界に来ている」と5年ほど前から感じていた。

次ページ事実上の“クビ切り”
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
伊藤忠が「8時前出社」導入で出生率急上昇のナゼ
伊藤忠が「8時前出社」導入で出生率急上昇のナゼ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内