新幹線と日本の半世紀 1億人の新幹線-文化の視点からその歴史を読む 近藤正高著

新幹線と日本の半世紀 1億人の新幹線-文化の視点からその歴史を読む 近藤正高著

現在、新幹線は1970年代前半と並ぶ建設ラッシュに沸く。64年の東海道の開業以来全国に路線網を広げ、都市間の時間距離が短縮されたことで、ビジネスばかりでなく、ライフスタイルの新たな創造といった影響も見逃せない。

特筆されるのは、「情報機関としての新幹線」、それを一歩進めた「コミュニケーションメディアとしての新幹線」だ。たとえば、“遠距離恋愛”サポートの「シンデレラエクスプレス」。安全・正確・スピード・頻度というメカニカルなイメージの強かった新幹線に、ヒューマンな要素も付け加えることに成功した。

フリーランスの著者が、新幹線半世紀の歴史を社会動向とのかかわりの中で「外側」から見直す。

交通新聞社新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。