新幹線と日本の半世紀 1億人の新幹線-文化の視点からその歴史を読む 近藤正高著

新幹線と日本の半世紀 1億人の新幹線-文化の視点からその歴史を読む 近藤正高著

現在、新幹線は1970年代前半と並ぶ建設ラッシュに沸く。64年の東海道の開業以来全国に路線網を広げ、都市間の時間距離が短縮されたことで、ビジネスばかりでなく、ライフスタイルの新たな創造といった影響も見逃せない。

特筆されるのは、「情報機関としての新幹線」、それを一歩進めた「コミュニケーションメディアとしての新幹線」だ。たとえば、“遠距離恋愛”サポートの「シンデレラエクスプレス」。安全・正確・スピード・頻度というメカニカルなイメージの強かった新幹線に、ヒューマンな要素も付け加えることに成功した。

フリーランスの著者が、新幹線半世紀の歴史を社会動向とのかかわりの中で「外側」から見直す。

交通新聞社新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT