サンデルの政治哲学 <正義>とは何か 小林正弥著

サンデルの政治哲学 <正義>とは何か 小林正弥著

政治哲学者マイケル・J・サンデルによる「ハーバード白熱教室」が、なぜ大反響を呼んだか。(1)ハーバードというブランド、(2)大衆社会における知のオアシス、(3)対話型講義の新鮮さ、(4)演劇的アート(技術・芸術)、(5)事例と道徳的ジレンマの吸引力、(6)政治哲学という新ジャンルの魅力、(7)日本や世界の時代状況とのマッチ、(8)東アジアの文化的伝統、という八つの理由が考えられる。

サンデルの政治哲学の軸心は、「正義」と「善」の関係を問うところにある。「善ありし正義」という正義観、コミュニタリアニズム的共和主義を説くサンデルの政治哲学の核心に、長年交流のある政治哲学者の著者が全著作のポイントを読み解きながら迫る。

平凡社新書 987円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。