有料会員限定

ドラッグストアはいずれ「大手3社」に集約されていく 業界首位ツルハホールディングスのトップが激白

印刷
A
A
堀川政司(ほりかわ まさし)/1958年生まれ。1977年ツルハ入社。1997年に同社取締役、2004年に常務取締役。2014年からツルハホールディングスの代表取締役社長兼社長執行役員(現職)

ドラッグストア業界で売上高首位を走るツルハホールディングス(HD)。GMS(総合スーパー)最大手・イオンのグループ会社(出資比率12.8%)で、北海道を地盤に東北から九州まで全国に2081店舗を展開する(2019年8月時点)。食品販売や化粧品の対面販売の強化、そしてPB(プライベートブランド)の育成などが奏功し、2019年5月期は売上高7824億円(前期比16.2%増)、営業利益418億円(同4.0%増)と、業績好調をキープする。

17年に杏林堂HDや18年にビー・アンド・ディーHDなどの買収を進め、18年に売上高でウエルシアHDを抜き、業界トップに立った。とはいえ、経営統合に向けて協議を進めるマツキヨHDとココカラファインの大型連合が誕生すれば、業界首位の座が入れ替わることになる。ツルハは今後、どのような戦略で挑むのか。同社の堀川政司社長を直撃した。

3グループぐらいに集約されていく

――業界再編の機運が高まっています。

ドラッグストア業界は数年以内には、3社ぐらいまで統合が進んでいくだろう。ドラッグストア以外の業態でも、例えばスーパーマーケットや家電量販店、ホームセンターなどで統廃合があった。ドラッグストアはまだ10グループぐらいが緩やかな連携をしている状況だ。あくまで個人的見解だが、3グループぐらいに集約されていくとみている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内