ドラッグストア再編 第2幕 競争激化で再編は必至

印刷
A
A

ツルハ、ウエルシア、そしてマツモトキヨシ・ココカラファイン連合は業界首位の座をめぐり、次なる経営統合を狙う。再編の焦点は、サンドラッグや地方有力チェーンだ。

本誌:若泉もえな

「ドラッグストア業界は現在、10グループ程度が緩やかに連携しているが、ここ数年内には大手3社ぐらいに経営統合されていくだろう」。業界トップ、ツルハホールディングス(HD)の堀川政司社長はこのように語る。

ドラッグ業界では、再編に向けた動きが本格化している。

「再編第1幕」は、業界5位のマツモトキヨシHDと業界7位のココカラファインとの提携だ。両社は今年8月に経営統合準備委員会を設置し、2020年1月をメドに統合に向けた協議を進める。統合が実現すれば、売上高1兆円規模、総店舗数3000店超と、現在トップのツルハを抜き、業界首位に躍り出る。

特集「ドラッグストア再編 第2幕」の他の記事を読む

「一気に日本一になる。いずれはアジア全体でも1番を取りたい」(マツキヨの松本清雄社長)、「マツキヨは優れた商品開発能力やマーケティング力、店舗運営能力がある。そうしたノウハウを移植すれば、ココカラの経営課題も解決できる」(ココカラの塚本厚志社長)。8月に都内で行われた会見で、両社トップはこう言って、がっちりと握手を交わした。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内