有料会員限定

LINE 慎ジュンホCWO「GAFAと渡り合っていく」 2トップインタビュー拡大版

印刷
A
A

4月から代表取締役は2人体制に。日韓タッグで次のステージに挑む。

しん・じゅんほ 1972年生まれ。2005年に韓国の検索サイト大手1noonを創業メンバーとして立ち上げ。2006年、同社をNHN(現NAVER)が買収。2008年にネイバージャパン(現LINE)出向、来日。取締役CGO(グローバル責任者)などを経て、2019年4月から現職。(撮影:吉濱篤志)

特集「LINEの岐路」の他の記事を読む

(注)本記事は週刊東洋経済8月3日号「LINEの岐路」掲載インタビュー(94ページ)に大幅加筆した拡大版です。

 

──CWO(Chief WOW Officer)という役職は、どんな役割を担っているのですか。

四半世紀近くインターネット業界にいて思うのは、どんな領域でも、1位になるサービスにはユーザーが初めて体験する感動、つまりWOWがあるということだ。第2の創業という変革期を迎える今、社内でWOWの精神をより優先順位の高いものとして、浸透させる役割を果たしていきたい。

トロイカ体制自体は今後も変わらない。LINEの生まれる前から3人とも、お互いの強みを生かしながらの役割分担だ。出澤剛が一番「社長らしい」タイプで、実際に(ライブドアも含め)社長として組織を率いた経歴も長い。経営全般や組織を見ることに長けている。舛田淳はマーケティングとか、宣伝が得意分野。僕は開発畑の出身なので、プロダクト、イノベーションという部分で貢献できると思っている。

この陣形で10年以上やってきたが、組織の規模がここまで大きくなければ、それに合わせた修正も必要だ。最初は20人くらいの規模で始めた会社だったので、「WOWが大事だ」とこまごまと全部説明しなくてもわかってもらえる面はあった。でも今はグループ7400人以上の会社。この3~4年で一気に倍以上の規模になった。つまり半数以上の社員が社歴4年以下で、初期のLINE社の雰囲気を知らない。そういう中では、もうちょっと(経営陣の役割を)見える化したり、メッセージを明確化する必要があると。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内