有料会員限定

マルクス・ガブリエルはなぜビジネスマンを魅了するのか? 知って得する哲学① 人呼んで「哲学界のロックスター」

印刷
A
A
Markus Gabriel / マルクス・ガブリエル
1980年生まれ。独ボン大学教授。古代哲学とドイツ観念論を出発点に、20世紀の哲学まで幅広く研究。認識論、存在論、形而上学の議論刷新の中で「新実在論」を主張。(木村肇/yahoo!ニュース 特集)

特集「世界のエリートはなぜ哲学を学ぶのか」の他の記事を読む

「哲学界のロックスター」とも呼ばれるマルクス・ガブリエル。現在、売れっ子の哲学者だ。

ガブリエルの著書『なぜ世界は存在しないのか』(邦訳)は発売から1年余りですでに3万部が売れている。「知をテーマにしている講談社選書メチエの哲学関連本史上2番目の売上部数を達成した」(講談社学術図書編集・ 編集長の園部雅一氏)という。ちなみに1位は2002年に発売された『人類最古の哲学』(中沢新一)だ。

ガブリエルの関連本も売れている。NHK出版新書の『マルクス・ガブリエル 欲望の時代を哲学する』(丸山俊一)は、発売3カ月で3万5000部と快進撃を続けている。NHK出版の担当編集者・倉園哲氏は「哲学系などで、こんなに売れるのは異例」と驚きを隠さない。『マルクス・ガブリエル ─新しい実在論─』(『現代思想』18年10月臨時増刊号)も注目されている。ガブリエル関連の本や雑誌は今後も増えていきそうだ。

ガブリエルは1980年生まれ。09年に歴代最年少でドイツの名門ボン大学の哲学正教授に就任し、話題になったという。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内