消費税25%で世界一幸せな国デンマークの暮らし ケンジ・ステファン・スズキ著

消費税25%で世界一幸せな国デンマークの暮らし ケンジ・ステファン・スズキ著

デンマークといえば「高福祉・高負担の国」というイメージを持つ人が多いだろう。では、そのイメージの中身ははというと、大きく二つに分かれる。一つは「国が高福祉を重点政策に掲げ、国民もその政策に同意して高い税金を納めている国」というポジティブなもの。もう一方は「福祉サービスは充実しているが、国民から高い税金を徴収している国」という、高福祉の裏にある高負担への警戒心が強いネガティブなもの。欧州では前者が一般的だが、日本では後者の印象が強いのではないかと著者は指摘する。

さまざまな国民の幸福度調査で1位に輝くデンマーク。徹底して無駄を排除し、国民に安心感をもたらす「デンマークモデル」の実態を説く。

角川SSC新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。