消費税25%で世界一幸せな国デンマークの暮らし ケンジ・ステファン・スズキ著

消費税25%で世界一幸せな国デンマークの暮らし ケンジ・ステファン・スズキ著

デンマークといえば「高福祉・高負担の国」というイメージを持つ人が多いだろう。では、そのイメージの中身ははというと、大きく二つに分かれる。一つは「国が高福祉を重点政策に掲げ、国民もその政策に同意して高い税金を納めている国」というポジティブなもの。もう一方は「福祉サービスは充実しているが、国民から高い税金を徴収している国」という、高福祉の裏にある高負担への警戒心が強いネガティブなもの。欧州では前者が一般的だが、日本では後者の印象が強いのではないかと著者は指摘する。

さまざまな国民の幸福度調査で1位に輝くデンマーク。徹底して無駄を排除し、国民に安心感をもたらす「デンマークモデル」の実態を説く。

角川SSC新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。