消費税25%で世界一幸せな国デンマークの暮らし ケンジ・ステファン・スズキ著

消費税25%で世界一幸せな国デンマークの暮らし ケンジ・ステファン・スズキ著

デンマークといえば「高福祉・高負担の国」というイメージを持つ人が多いだろう。では、そのイメージの中身ははというと、大きく二つに分かれる。一つは「国が高福祉を重点政策に掲げ、国民もその政策に同意して高い税金を納めている国」というポジティブなもの。もう一方は「福祉サービスは充実しているが、国民から高い税金を徴収している国」という、高福祉の裏にある高負担への警戒心が強いネガティブなもの。欧州では前者が一般的だが、日本では後者の印象が強いのではないかと著者は指摘する。

さまざまな国民の幸福度調査で1位に輝くデンマーク。徹底して無駄を排除し、国民に安心感をもたらす「デンマークモデル」の実態を説く。

角川SSC新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。